アクセス数

「お得にデジモノ試しま専科」内記事検索
RSS 1.0

パソコンパーツを中心に、気になるデジモノやお得な特価情報を紹介しています。

自己紹介


 管理人:cabin66

cabin66

 新しモノ好きのITサービス
 業界の中の人です。


このブログの更新状況

このブログのQRコード


 携帯版 URLをメールする
 スマートフォン版 URLをメールする

ツイッター @CABIN66


CABIN66をフォローしましょう

最近の記事

記事の分類

openclose

全タイトルを表示

コメントいただきました

cabin66 (2014年06月08日)

ケースに装着して、おさいふケータイを使用したことは無いので、何とも言えませんがカバーの厚みが結構あり、バッテリーも内蔵しているので、たぶんだめなんじゃないでしょ

NFC (2014年06月05日)

おさいふケータイは使えますか?

使ってましたけど・・・ (2014年04月01日)

ラッキーライン使ってました。(過去形)
口座開設した際の登録住所の地域の宝くじしか購入出来ない上、最近更新された新しいホームページが超使いづらい。

どれを購入し

cabin66 (2014年01月25日)

謎封筒の中身は微妙でしたが、開封するまでのワクワク感が500円チョットの値段で得られたので、良しとしました。
ジャンク品は私も大好きで、ちゃんと動作した時の感動は

<untikusai> (2014年01月21日)

今回も1%のあたりを目指して10個を争奪するわけですが・・・。
謎封筒にはがっかりし、はたまた今回もとなるとどーしようか。

がしかし、参加しないと始まらない。

cabin66 (2013年09月25日)

納期遅延の理由について、問い合わせさせて頂いたらクーポン券がもらえました(^_^;)
ただ、Webカメラは、まだ到着してません。。。。

名無し (2013年09月24日)

どのような問い合わせをしたのでしょうか?
結局、商品は届いたのでしょうか?
当方も同じ文面で予定より遅れますメール来ましたが、24日に商品は届きました。

cabin66 (2013年09月15日)

運良く注文できたのですが、お届け予定日が「2013年9月13日 - 2013年9月15日 」→「2013年9月28日 - 2013年10月16日 」に大幅に遅れる様です。もしかすると、キャンセルされ

untikusai (2013年09月10日)

¥ 4,657 + 関東への配送料無料
となっていました。残念。

cabin66 (2013年06月05日)

学生さんはお金が無い?から「学割サービス」があるのでしょうけど
長期ユーザーにも救いの手をさしのべて欲しいですネ。

名無し (2013年06月03日)

学生ではなかったら高すぎてバカバカしいデスね学生だけのキャリアデスね

cabin66 (2013年04月29日)

うなぎ様

コメントありがとうございます。
商品のパッケージを計ってみました。
ダンボーの方は、13cmX18.5cmX6.5cm、
ダンボー・ミニの方は、15cmX20cmX4.5cm、

cabin66 (2013年02月03日)

MXエアーのバッテリー交換レポアップさせて頂きました。
バッテリーを交換する際、内部の配線用フレキシブルケーブルに
無理な力が加わると断線するので、非常に神経を使

名無し (2013年01月30日)

自分もMXエアーのバッテリーで悩んでいたので交換レポ楽しみにしております

cabin66 (2013年01月25日)

私もIdentive社のページからダウンロードしたドライバーを
使って、PT2の視聴環境を構築しましたが、安定してmini
B-CASカードを読めています。
PT3の視聴環境構築が無

たごさぐ (2013年01月21日)

そうでしたか。お知らせいただきありがとうございます。
SCT3511のドライバを検索してみましたら、「にゃののん日記」さんの記事
http://d.hatena.ne.jp/nyanonon/touch/

cabin66 (2013年01月19日)

2senから、ドライバーが消え、その後放置状態が続いているので、
PT3も実は放置状態です (;^_^A

PT2の環境では、問題なく動作しているので、恐らくPT3でも
動くはずで

たごさぐ (2013年01月19日)

結局このカードリーダーはPT3で使用可能だったのでしょうか?
レビュー記事が見つけられなかったので、教えていただけると助かります。

cabin66 (2013年01月06日)

BooKen 様
いつもご訪問頂きありがとうございます。
10万アクセスを迎えられたのも、ご訪問頂いた方のおかげと
感謝しております。
心機一転、これからもお役に立てる

BooKen (2013年01月05日)

よく拝見させてもらっておりますが、そうですか、ついに10万アクセスとはスゴイ!!
これからも応援しています

人気記事ランキング

よく訪問するサイト

お得なデジモノを探す


  デジモノを検索する

PCパーツ検索

楽天で探す
楽天市場
楽天市場


アマゾン


Yahoo!ショッピング


Yahoo!オークション

  書籍を検索する
Fujisan.co.jp

ブログランキング


 更新の励みになりますので
 よろしかったらクリックを
 お願いします

PINGOO!カテゴリIT・デジタル にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 人気ブログランキングへブログランキング

記事No :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

モニターになって製品をもらっちゃおうキャンペーンに当選した!」で、ゲットしたラトックシステム Wi-Fi RS-232C変換アダプターREX-WF60 を、自宅のWi-Fi環境で使用できる様セットアップしてみました
目標は、ロボゼロ製作記で完成したロボゼロをWi-Fi経由でコントロールすることです sign03


ロボゼロWi-Fi化完成予想図


まず最初にやらなければいけないのは、自宅にあるWi-Fi環境にREX-WF60 を接続して、パソコンからアクセスできる様にしなければいけません。

REX-WF60 をWi-Fi環境で使える様にするには、ラトックシステムのホームページから「REX-WF60 簡単設定ユーティリティ」をWindowsパソコンや、iPad/iPhone、Android等のスマートフォンにインストールして設定する必要があります。
今回は、所有しているGalaxy S3 α SC-03EにGoogle Playから「REX-WF60簡単設定ユーティリティ」をインストールして、Wi-Fi設定してみることにしました。

REX-WF60の設定に入る前に、まずは前準備です。
REX-WF60の裏面にあるDIPスイッチが、工場出荷時の状態になっているか確認します。Wi-Fi設定を行うには、1番がONになっていないと、Galaxy S3 α SC-03Eと接続できないので、注意が必要です。

1番:ON(強制的にアクセスポイントモードにする)

2番:OFF(未使用)

3番:ON(RTS/CTSフロー制御を有効にする)

4番:OFF(ACアダプタ接続時、D-Sub9番ピンから5V出力しない)

DIPスイッチの設定が完了したら、いよいよREX-WF60に付属のACアダプタを接続し、電源オンです shine 
電源が正常に入ると、Wi-Fiの接続状態を示す、緑色のACCESSランプとオレンジ色のSTATUSランプが点滅します。

自宅のWi-Fiアクセスポイントには、NEC AtermWR9500Nを使用していて、MACアドレスフィルタリングで、アクセス制御を掛けてありますので、予めWifi Analyzer等のツールで、REX-WF60のMACアドレスを調べてアクセスポイントに事前登録しておきます。
あとは、Galaxy S3 α SC-03EからWi-Fi接続設定を行うとアッサリと接続されます


REX-WF60のLEDランプ

Wifi Analyzer

Galaxy S3 α SC-03EのWi-Fi接続設定


これで、Galaxy S3 α SC-03EからREX-WF60の設定が行える様になりました。
スマートフォンから、REX-WF60の設定変更が簡単にできるなんて、良く考えられている製品ですね happy01


通信処理実行中
いよいよ、REX-WF60の設定に入ります。
Galaxy S3 α SC-03Eにインストールした「REX-WF60簡単設定ユーティリティ」を起動すると、REX-WF60を自動的に、スキャンしてくれます。

REX-WF60簡単設定

無事、REX-WF60のSSIDが表示されました sign03

REX-WF60簡単設定ウィザード

最初に、自宅のアクセスポイントにREX-WF60が接続出来るよう、自宅のSSIDとWPAキーをREX-WF60に設定します。

2013080316532405

次に、REX-WF60と機器を繋ぐRS-232Cの通信パラメータの設定を行います。

今回、ロボゼロのWi-Fi化を考えていますので、ロボゼロのコントロールボード用の通信設定を行っています。

REX-WF60のDIPスイッチ変更

最後に、REX-WF60のDIPスイッチの1番をOFF(インストラクチャーモード)にして設定完了です。


最終的には、ロボゼロの制御用ソフトウエアが入っているWidows 7 パソコンとREX-WF60を接続しなければいけません。


REX-WF60 通信サンプルプログラム

Windows 7 パソコンに、ラトックシステムのホームページから「REX-WF60 通信サンプルプログラム」をインストールし、パソコンとREX-WF60がアクセスポイント経由で接続されているか確認してみました。
REX-WF60のデバイス名表示が
これで、REX-WF60は自宅のアクセスポイントに接続され、パソコンからもアクセスできる様になりました。


今度は、ロボゼロの制御用ソフトウェアとREX-WF60を接続するための、設定をします。


REX-WF60 COMポートエミュレートドライバー RATOC VSP

ロボゼロの制御用ソフトウェアは、パソコンのシリアルポートと接続しますので、パソコン上に、REX-WF60用の仮想ポートを作成する必要があります。
仮想ポート作成ツールも、ラトックシステムから提供されていて、「REX-WF60 COMポートエミュレートドライバー RATOC VSP」を使用します。

デバイスマネージャー

REX-WF60 COMポートエミュレートドライバー RATOC VSP」のシリアル番号のCOM番号を選択し、COMポート作成ボタンを押すと、パソコン上にREX-WF60用の仮想ポートが作成されます。

REX-WF60 COMポートエミュレートドライバー RATOC VSP

REX-WF60用の仮想ポートが正常に作成されたことは、「REX-WF60 COMポートエミュレートドライバー RATOC VSP」の画面右側に詳細情報が表示されていることで確認できます。


ふ~うっ、結構手間かかりますね coldsweats01
でも、各設定がグラフィカルな画面でできるので、設定作業自体は直感的に行う事が出来きて、久しぶりに達成感が味わえました。

次回は、いよいよロボゼロにREX-WF60を搭載し、パソコンから制御できるか試してみますので、お楽しみに sign03


コメント

コメントの投稿



非公開コメント
  管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。